FC2ブログ
簿記・公認会計士の資格を取得して自分の将来を切り開きたい方や、スキルアップを目指す方のお役に立つ情報満載のブログです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
未来塾
2015-02-05 Thu 20:19
1月31日(土)に未来塾を開催しました。
当日は体調不良による不参加者もいたため少ない人数でのセミナーとなりましたが、参加された高校生、高校の進路指導の先生方にとっては有意義な時間を過ごして頂けたと思います。
さて、今回の未来塾では、それぞれ次のテーマでお話をしました。

第一部(担当:商業簿記専任講師 山内樹)
「何のために」

第二部(担当:学校長 高橋幸夫)
「21世紀を生き抜くために」
「あなたは世界で戦えますか」

中でも印象に残った話を紹介すると、

進路選択について
 「何のために」に学ぶのかの目的意識がない進路選択。
 現在の大学入試制度の価値基準による良い大学に入るための暗記中心の受験勉強。
 これらの受験勉強で大学に合格しても達成感に満たされ、大学では勉強をせず一生サラリーマンとして働く生活。それでは、社会では生き残れない。
 「働くため」に何を学び、どう学ぶべきか。
 本当の学力は、「自分の頭で考える力」であり、社会で生きていくためには学び続ける必要がある。その基本を学ぶのが学校である。

複式簿記について
 経済は全てお金で回っている。そのお金を管理する複式簿記のスキルは、どんな業種、職種でも活用できる。複式簿記は世界共通のスキルであるため、英語と同様に世界共通言語である。
 その複式簿記を「本物の複式簿記」として学ぶことで、
1 複式簿記は、「原因」と「結果」の2面的に記録するため、物事を「原因」と「結果」の2面的に考える力(物の見方)が身に付く。
2 丁寧な記帳を行うことで、仕事で必要な力である、忍耐力、集中力、注意力が身に付く。

論語について
 未来塾のまとめとして、論語の一章句を紹介。
 子曰く「性、相近きなり、習相遠きなり。
 学びて思わざれば、則ち罔く 思うて学ばざれば、則ち殆し」
 毎回の恒例ですが、参加者全員で素読しました。

感想文の紹介
 複式簿記というものがどういうものなのか、興味を持ちました。
 普段の高校の学習が、21世紀に通用する子供たちを育てているのかと考えさせられて有意義でした。
 とかく暗記主義的な学習になりがちな点も否めず、今後の授業や学校全体の活動をどのようにすればようかと工夫をする必要を感じます。
 私は学校で進路主事を担当していますので、今日の「何のために」というテーマは根本的なもので、常に考えさせられている点でもあります。
 簡単に答えのでるものではありませんが、少しでも生徒や社会全体に貢献できるように、教育活動を改善していきたいと考えています。
 本日はありがとうございました。
 (埼玉県立高校教諭)

皆さん、未来塾に参加して、将来のこども達のための教育について一緒に考えませんか。
また、複式簿記の魅力に触れてみませんか。
ご参加お待ちしております。2月は28日(土)を予定しています。

※ 未来塾の参加者には、「本物の複式簿記」の全体像が分かるDVD(1枚)を無料で配布しています。

※ 昨年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二さんが著した「中村修二の反骨教育論 21世紀を生き抜く子に育てる」は日本の教育制度に警鐘を鳴らすもので、教育関係者の方には是非手にとって頂きたいオススメの書籍です。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 |
第64回税理士試験合格者速報
2014-12-13 Sat 18:18
第64回税理士試験の税理士合格者は今現在で20歳の合格者1名(まだ未確定ですが最年少合格に相当、入学後1年5ヵ月)を含む6名でした。
まだ、合格通知を受けていない学生(認定合格者を含む)もいますので、最終的に確定次第報告します。

第64回税理士合格者
藤川真王(在学2年生) 20歳(入学1年5ヶ月)で合格
(まだ未確定ですが最年少合格者に相当)
     出身校 熊本県立熊本商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、消費税法

志水大介(平成25年卒業生) 
     出身校 長野県飯田OIDE長姫高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、消費税法

渡邉 麻里奈(平成23年卒業生)
     出身校 熊本県立熊本商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法

須賀 万里子(平成23年卒業生) 
     出身校 東京都立晴海総合高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法

佐藤 正典(平成20年卒業生)
     出身校 熊本県立熊本商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法

目黒 浩之(平成10年卒業生) 
     出身校 埼玉県立春日部東高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、消費税法
第64回税理士試験合格者速報の続きを読む
別窓 | 未分類 |
第135回日商簿記検定1級 合格者情報
2014-02-05 Wed 17:09
 平成25年11月17日(日)に実施された第135回日商簿記検定1級の合格者が発表されました。本校に入学後7ヶ月合格した1年生は以下のとおりです。
 このうちの半数の学生は、本校に簿記未経験者として入学したものです。

 日商簿記検定1級は日本商工会議所が主催する簿記検定の最高峰資格で、合格率は10%前後と国家試験レベルで非常に難しい試験です。
 試験のレベルは大学程度のスキルとされていますが、現在の大学における会計教育のレベルでは到底1級のレベルに及ばず、一流大学と呼ばれる大学でもせいぜい3級レベルがやっとというところです。
 日商1級取得者はビジネスシーンで重宝され、企業の重要な経理・財務担当者ないし責任者として活躍することになります。
 今回の合格者は、日商1級の勉強を通して身に付けた会計スキルと「自分の頭で考える力」を武器に、これからの就職活動や税理士試験に向けて頑張っています。



日商簿記検定1級 在学1年生 合格者一覧

 境  修平  岩手県立水沢商業高等学校(情報システム科)
 吉田 あずさ 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校(情報処理科)
 五味 賢登  長野県小諸商業高等学校(商業科)
 村元 智広  青森県立八戸商業高等学校(商業科)
 大野 純   福島県立清陵情報高等学校(情報処理科)
 永山 昌樹  福島県立福島西高等学校(普通科)
 玉木 達也  埼玉県立伊奈学園総合高等学校(普通科)
 町田 友理花 埼玉県立久喜北陽高等学校(総合学科)
 小川 晶也  埼玉県立和光高等学校(普通科)
 山﨑 綾佳  埼玉県 私立本庄東高等学校(普通科)
 太田 公平  千葉県立市川東高等学校(普通科)
 大森 涼香  千葉県立鎌ヶ谷高等学校(普通科)
 谷口 宣彰  東京都立第四商業高等学校(普通科)
 新井 菜月  東京都立晴海総合高等学校(総合学科)
 黒内 香里  岐阜県立飛騨高山高等学校(ビジネス科)
 中村 太一  岐阜県立飛騨高山高等学校(情報処理科)
 秋山 聖也  首都大学東京(教養学部)
 比嘉 太志  那覇日経ビジネス専門学校(公務員ビジネス科)
 緒方 将大  熊本県立八代東高等学校(情報会計科出身)
 山元 佑太  熊本県立八代東高等学校(情報会計科出身)
 藤川 拓実  熊本県立八代東高等学校(情報会計科出身)
 岩根 佳輝  熊本県立八代東高等学校(商業科出身)
 門口 小有紀 熊本県立八代東高等学校(情報会計科出身)
 渡邉 愛   鹿児島市立鹿児島女子高等学校(情報会計科出身)
 吉満 千春  鹿児島市立鹿児島女子高等学校(情報会計科出身)



別窓 | 未分類 |
平成26年のスタート!
2014-01-09 Thu 18:31
平成26年1月6日から学校はスタートしました。
税理士科は、7日及び8日に新春模擬試験を行い、9日から応用期の講義がスタートしました。
今年も学生とともに学びの楽しさを追求しながら元気に頑張っていきたいと思います。

先日、第63回税理士試験合格者8名と報告しましたが、
当校のホームページの新着情報にも掲載しているように、その後1名追加され、9名となりました。

1名追加合格者
関 登さん(平成24年卒業生)
出身 長野県小諸商業高等学校
合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法

なお、今回の税理士試験の結果を独自に分析してみました。

(1) 最年少(20歳)合格者輩出
 綿引 昭光さん(平成25年卒業)
 (茨城県立水戸商業高等学校)

(2) 6科目合格者を2名輩出
 河津 竜大さん(平成24年卒業)
 (熊本県立熊本商業高等学校)

 太田 勇輝さん(平成21年卒業)
 (東京都立調布南高等学校)

(注)税理士試験は5科目合格することで税理士試験合格者となりますが、当校では試験を受かることを目的とせず、仕事で結果を残せる人財になることを目的とした指導をしているため、税法科目は国税4法(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法)を在学中に学ばせています。その結果、税法4科目を合格する学生が毎年数名輩出しています。
 また、今回は税法科目のうち所得税法と法人税法の2科目を一括合格した学生が5名いました。所得税法と法人税法ともボリュームが多い科目で、選択必修科目であるため、どちらか一方のみを選択するのが一般的ですが、この2科目は同じ所得に対して課税する税(法人税法は会社の利益、所得税法は個人の利益)であるため、同時学習することで効率的に学ぶことができます。この2科目を合格している人財は、税理士事務所の求人側からは驚きとともに、重宝される人財とされています。



(3) 大学在学中の税理士(5科目)合格者
 全国 3名/1,755名  
 当校 3名/76名
 
(4) 年齢別の税理士(5科目)合格者
 25歳以下は全国で60名でした。そのうち、CPA生が6名含まれています。

(5) 科目別合格率(経理本科在学生の実績)
 簿記論
  全国平均 12.2%
  当校  76.9%(20名/26名)

 財務諸表論
  全国平均 22.4%
  当校  60.0%(15名/25名)

(注)当校の経理本科生は、入学後2ヶ月から3ヶ月で日商簿記検定1級又は全経簿記上級試験を合格し、その後、2年次の8月の税理士試験で会計科目である簿記論、財務諸表論を一発合格しています。その結果が上記のものです。
 その後、その次の年である経理専門課程を卒業した年の8月に2回目の税理士試験を受験し、税法3科目を一発合格するのが最年少合格に相当します。
 今回は、2年次の夏の税理士試験で3科目合格に達した在学生が4名(内、2名は高校在学中に会計科目2科目を取得済み)輩出しました。
 また、卒業年の8月に最年少合格を惜しくも逃しましたが、4科目合格に達した学生を3名輩出しました。今年の税理士試験が楽しみです。

 CPAでは、税理士試験を合格することを目的とせず、税理士試験の学びを通して、「できる税理士」を目的とした学ぶをすることで、上記のとおりの結果を残せています。


別窓 | 未分類 |
第63回税理士合格者速報 最年少合格者(20歳)を含む8名を輩出!!
2013-12-18 Wed 18:15
 12月13日(金)に第63回税理士試験の発表がありました。

 まだ合否が不明の学生も今年は珍しくいますが、現時点での税理士合格者は8名です。
 合格者の皆さんおめでとうございます。

 今年は本校から最年少合格者(20歳)を輩出することが出来ました。
 高校別でみると、熊本県立熊本商業高等学校と藤沢翔陵高等学校から3年連続で税理士合格者の輩出となりました。

 その他、在校生についても、入学4ヶ月で税法(消費税法)を合格した学生(2名)、入学1年4ヶ月で3科目(簿記論、財務諸表論、法人税法)を一発合格した学生(1名)や簿記論、財務諸表論を2科目一括合格した学生も多数輩出しました。

 来年の税理士試験でも今年以上に実績を残せるように、学校全体で頑張っていきたいと思います。
 後日、全てが確定次第、合格者の声などを含め、ホームページで掲載する予定でいますので、是非ご覧ください。

現時点での税理士合格者は以下のとおりです。
【税理士合格者】
綿引昭光(平成25年卒業) 【最年少合格】
     出身校 茨城県立水戸商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法
河津竜太(平成24年卒業生) 【6科目合格】
     出身校 熊本県立熊本商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法
金井恵利佳(平成23年卒業生) 
     出身校 埼玉県立小川高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法
竹本大一(平成22年卒業生)
     出身校 熊本県立熊本商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法
太田勇輝(平成21年卒業生) 【6科目合格】
     出身校 都立調布南高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法
日沢 新(平成20年卒業生)
     出身校 岩手県立盛岡商業高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、法人税法、相続税法、消費税法
黒田 紘生(平成16年卒業生)
     出身校 藤沢翔陵高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、消費税法
山崎 聡一(平成16年卒業生)
     出身校 千葉県立八千代西高等学校
     合格科目 簿記論、財務諸表論、法人税法、相続税法、消費税法
別窓 | 未分類 |
| 東京CPA会計学院ブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。