FC2ブログ
簿記・公認会計士の資格を取得して自分の将来を切り開きたい方や、スキルアップを目指す方のお役に立つ情報満載のブログです。

英語やMBAより簿記
2015-01-08 Thu 19:17
『英語より簿記の知識が必要』

 先日、簿記検定試験の主催団体である日本商工会議所のHPにマイクロソフト日本法人の元社長である成毛眞さんの応援メッセージがインタビューという形で載っているものを発見し、その題名として冒頭のことが掲げられていました。

 掲載されている場所が場所だけに、商工会議所の宣伝と思われるかもしれませんが、成毛さんは、以前にも自身の著書や週刊誌の連載(ここでは、「MBAよりも」と付け加えられています。)でも、同じことを仰っているので、ご自身の経験を通して、心底そう思われているのでしょう。

 掲載されている内容のポイントは、次のとおりです。

  1 簿記はすべての人の仕事や生活に直結する。
  2 もっと多くの人が簿記を学べば、日本の国力は上がる。
  3 経理だけでなく、営業・販売の現場でも簿記の知識は必要。
  4 学生(文系のみならず、特に理工系の人)時代に簿記を学んでおくべき。

  (全文をご覧になりたい方は、下記のページまで。)
   http://www.kentei.ne.jp/for/interview_no01.php

 成毛さんの他にも、京セラなどの創業者である稲森和夫さんなども、著書で簿記・会計の必要性について語られています。

 簿記が必要であるにもかかわらず、その内容を知らない、また、簿記という言葉すら知らない、という人が多いというのが現状なのでしょう。
 こんな状況なので、日本では、簿記を学んでいる人が極めて少なく、本当の意味で簿記のスキルを持っている人は、希有な存在でしょう。

 したがって、簿記のスキルを身につけると、就職に有利どころか、一生食べていくための有効な武器となります。また、仕事だけでなく、私生活でも資産運用をする際に多いに活用できます。

 では、この簿記はどこで学べるのか?

 知っている人は知っていると思いますが、大学では、経済・経営系の学部ですら、簿記はほとんど学習しません。
 また、専門学校などでは、簿記検定などの簿記の指導はしていますが、この受験対策的な簿記の指導では、本当の意味での簿記のスキルは修得できません。

 となると、本当にどこなのか?
 宣伝と思われるかもしれませんが、東京CPA会計学院しかないといっても過言ではありません。
 是非とも、東京CPA会計学院で「本物の複式簿記」に触れていただきたいと思います。

 ※ 未来塾や体験入学会では、本物の複式簿記の話などもさせていただいております。是非ともご参加ください。
スポンサーサイト
別窓 | 税理士科 鈴木講師 |
合格発表
2010-12-16 Thu 17:40

12月10日。
税理士試験の合格発表がありました。
最年少合格も含めて8名が税理士試験に合格しました。

この合格発表、ちょっとしたハプニングがありました。
当日、あるHPに「最年少合格22才」と掲載されました。
ところが当校の合格者のうちの一人は「21才」のはず。
本当は落ちているのか、あるいは年齢詐称(冗談)か、と少し騒ぎになりましたが、
大丈夫受かっていました。年齢ももちろん偽りなく21才。
単なる間違えだったようです。
なので、正真正銘、最年少合格なのでしょう。

それはさておき、皆さんのメッセージです。

合格した人たち。
本当に良かったね。
皆さんが一生懸命に学んでいたことをみているだけに胸が熱くなりました。
でも、これからが本当の勝負です。
皆さんは税理士試験に受かるために学んできたのではありませんね。
言うまでもなく、仕事をするため、自分で稼げる人になるため、自立した人間に
なるために、学んできたのです。
これを忘れず、いつも奢らず謙虚に精進して立派な社会人に成長してください。

科目合格した人たち。
まずは合格おめでとう。
でも、本当のゴールは、4科目や3科目ではなく、5科目合格することです。
先輩たちに続いてください。

今回不本意な結果に終わった人たち。
悔しさをバネにして来年こそ栄光をつかめるように頑張りましょう。
あきらめないこと、これが大事です。

さあ、来年の税理士試験に向けて頑張りましょう。
別窓 | 税理士科 鈴木講師 |
いきものがかり ~働くことの意味~
2010-12-01 Wed 14:16

「いきものがかり」
説明するまでもなく(説明を要する人もいるかもしれませんが)、バンド名です。
バンド名っぽくないのネーミングが、数年前から気になっていました。
先日とある番組で、本人たちが名前の由来を話していました。
「生き物係」。
こうなるとわかりやすいですね。
何でもメンバーの2人が小学生のとき「生き物係」だったためとのこと。

実は私も小学生のとき「生き物係」でした。
家で犬や鳩などを飼っていたので、何か係をやるならこれだと思い、うさぎや
鶏の世話を買って出ました。

ところが、いざ「生き物係」になってみると、これが意外と大変。
まず、毎朝、他の子よりも早く学校に行かなくてはならない。
さらに飼育小屋が広くて動物もたくさんいるので、家の犬や鳩を相手にする
のとは勝手が違う。

それでも、先生や用務員のおじさん、学校の近所のおばさんなどから
「頑張っているね」、「動物たちも喜んでいるよ」
などの声をかけてもらうとうれしくて、少しは役に立っているのかなと思いつつ
続けたのを今でも覚えています。

さて、学生のみなさん。
人は何のために働くのでしょうか?(CPAの学生は大丈夫ですね。)

よく言われるのは「食べていくため」、「生活していくため」などのお金にまつわるもの。
でも本当に、お金のために働くのでしょうか?

もちろん、自立し生活していくためには、お金も必要です。
しかし、お金のために働くとしたら、10年間十数億円もらえる契約を結んで十分生活していける
イチロー選手が毎年200本ヒットを打つため、究極に自分を追い込んで仕事をしていることの
説明がつきません。

だとすると何のためなのか。

税理士科の学生たちにはよく話していますが、私は「小学校の係」と同様に、自分のできることを
しっかりやって、世の中の役に立つことだと考えます。
どんな係でも一生懸命にやることによって、それぞれの係が輝きを増せば世の中は良くなるはずです。

イチロー選手は、「夢を与える係」、「エンターテイメント係」
私は「教育係」、学生の皆さんは「会計係予備軍」といったところでしょうか。

「会計係」の仕事は重要です。
ところが、「会計係」の係員には、資格を取るだけの勉強で得た会計の知識を持っているだけの
人が多く、本当の意味で会計の知識を活かして仕事をしていない人が多いのです。
学問は仕事で活かせてナンボです。
仕事で活かせる会計の知識をCPAでしっかり学んで、一人前の「会計係」を目指しましょう。


ikimonogagari.jpg
「鈴木栄樹は、今もまだ生き物係を続けています。」
別窓 | 税理士科 鈴木講師 |
24時間テレビに思うこと
2010-09-02 Thu 20:03

先週末、日テレで24時間テレビが放送されていました。

恒例の24時間マラソンは、ランナーが東京に入る時に渡る多摩川に
架かる橋(新二子橋といいます)の入り口付近に私の家があるため
毎年見に行っています。

runner.jpg

高校生の頃は、パーソナリティのアイドル見たさに武道館まで行きました。
今年のAKB見たさに武道館に行ったであろう(?)私の相棒N先生の気持ちも
わからなくはありません。

この24時間テレビ、私は、自分の心の洗濯という意味で
毎年見るようにしています。
いろいろな困難のある人が頑張って生きている姿を見ると
自分の考えの甘さが恥ずかしく思えてきます。

と思いつつもビール片手に見ている自分がいて...

さて、心の洗濯も終わって、税理士科の講義も始まります。
気合いが入りました。

税理士科 鈴木
別窓 | 税理士科 鈴木講師 |
花火大会がやってきた!
2010-08-25 Wed 17:48

fireworks1.jpg  fireworks2.jpg

「題名おかしくない?」
と指摘されそうですが、今年も恒例の二子玉川花火大会が我が家に
やってきました。
この花火大会、毎年40万人ほどの来場者がある一大イベントです。

実はこの花火大会の打ち上げ場所は、我が家から目と鼻の先。
家から打ち上げ場所が見えるのです。
イメージとしては、花火大会の会場の中に家がある、
花火も「見る」いうよりは、「降ってくる」という感じ。
風向きによっては本当に火の粉が降ってくる恐れがあるので
主催者から説明を受ける場合もあるんですよ。

fireworks3.jpg

生まれてこのかた花火大会に行ったことはありませんでしたが、
15年前に今の家に移り住んで以来、花火大会がやってくるようになりました。

fireworks4.jpg

この花火を見ると、いよいよ来年の税理士試験に向けて、新講義が始まるなと
気合いが入ります。

税理士科の学生達、一緒に頑張りましょう!

税理士科 鈴木
別窓 | 税理士科 鈴木講師 |
| 東京CPA会計学院ブログ | NEXT