FC2ブログ
簿記・公認会計士の資格を取得して自分の将来を切り開きたい方や、スキルアップを目指す方のお役に立つ情報満載のブログです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
充実感
2010-10-05 Tue 17:07

先日妻が富士登山へ行った話を取り上げましたが、妻の強い要望により(笑)
私も登山に行ってきました。
今回挑戦したのは、奥多摩にある川苔山(「川乗山」という表記もあるようです)
という山です。

kawanori_ad.jpg

実は私自身、何回かは登山の経験はありますが、今回十数年ぶりの登山と
なりました。
途中には百尋の滝(ひゃくひろのたき)があり、かなり近くまで行くことが
可能です。
マイナスイオンをたくさん浴びてきました。

hyakuhiro_fall.jpg

そして無事頂上に到着し、昼ご飯。
いつも食べているものでも、外で食べるとなぜかおいしく感じます。
最近は空の下で食事する機会がめっきりなくなりましたが、やっぱりいいもの
だと、つくづく実感しました。
頂上に到着したことによる充実感も、少なからず影響しているのかもしれません。

view_of_kawanori.jpg

登ってみるまでは、正直あまり乗り気ではなかったのですが、登山も悪くないなあと
実感している自分がいました。
もちろん頂上までの道のりは決して楽なものではなかったですが、だからこそ頂上に
たどり着いたときの充実感は
いっそう強いものになったのだと思います。

「困難があるからこそ充実感を味わえる」

これは勉強にも当てはまることと言えます。
そのためには皆さん自身がしっかりとした目標を持つことが何よりも大切です。
そして、みなさんが経験していることがいずれ社会人としてやっていくための
根っことなるはずです。

目標を明確にすることで、困難にもかならず打ち勝てるものと確信しています。

皆さんも機会があればぜひ登山を通じてリフレッシュしてみて下さい。
おすすめです。


追記
翌日筋肉痛と格闘していたのは想定の範囲内です(笑)。

税理士科 千葉
スポンサーサイト
別窓 | 税理士科 千葉講師 |
御来光
2010-09-04 Sat 17:11

最近、登山がブームになっているようで、アウトドアショップでも様々な
デザインのウェアが売られ、女性を中心に人気を博しているようです。

私自身、以前はボーイスカウトに所属していたため、アウトドア自体に
接する機会が多かったのですが、当時はデザインを売りにしたアウトドア
用品はあまりなかったように記憶しています。

climbing_route.jpg

日本における登山としてメジャーなのは、やはり富士登山といえるでしょうか。
毎年7月から8月の2か月がシーズンといわれていますが、ここ最近の登山ブームに
よりかなりの混雑のようです。

sunrise.jpg

富士登山と言えば、御来光目当ての方も多いのではないでしょうか?
日本で一番高い山から見る日の出は、感動的な気分になることでしょう。

簿記の勉強(他の分野も含め)も登山に似ていると言えます。登山で注意
しなくてはならないこととして、高山病があります。

高山病の予防として一般的なのは、あせらず着実に登ると言うことです。
簿記の学習も突然できるようになる方法はありません。
日々の努力の積み重ねが実力向上のために必要なことです。
一日一日でみればそれほど違いはありませんが、実力の向上は後になって
気づくことでしょう。

勉強は学生だけのものではありません。社会に出てからも一生勉強して
くことになります。

「継続は力なり」という言葉がありますが、私自身もこの言葉の意味を
かみしめて講義を行ってきたいと思っています。

一緒に頑張りましょう!


追伸 実は富士登山は私が登った訳ではなく、妻が先日富士登山をした
ことによる体験談に基づいたものです(笑)。

税理士科 千葉
別窓 | 税理士科 千葉講師 |
自己判断
2010-07-22 Thu 18:20

税理士試験まで2週間となりました。

学生の皆さんは最後の追い込みに向けて、日々勉強している
ことと思われます。
試験を突破するために必要なものとしては、もちろん知識を
自己の中に取り入れることが重要となってきますが、それだけ
では不十分です。

それは試験に合格しようという気持ち(意志)が必要になってきます。
こういった気持ちを生み出すためには、自己が行った行動(勉強)が
土台となってきます。

さらには周りから、「勉強しているなあ」思われるくらい実際に行動を
起こすことが重要です。
「勉強しているかどうかは自分で判断できる」と感じている人もいるかも
しれませんが、自分のことを正確に判断することは、以外と難しいものです。

本試験そのものは自分一人で挑むものですが、それまでは周りの人たちを
良い意味で頼り、万全の状態で本番に臨んでもらいたいと思います。

そのための手助けを我々講師は惜しみません。

税理士科 千葉
別窓 | 税理士科 千葉講師 |
相互理解
2010-07-03 Sat 18:02

税理士試験まであと1か月弱となりました。
受験生の皆さんも最後の追い込みに励んでいると思います。

試験勉強というと、一人で黙々と行うイメージがあると
思いますが、実際には問題を通じて相互理解をしている
と言えます。

これはどういうことかと言うと、
◇問題の作問者から見た場合
この問題ではここを理解しているかどうかを確認したい。
◇問題を解答する側(受験生)から見た場合
この問題はこの項目について問うているのか。

つまり、出題者と受験生の間で相互理解を行っている
ということになります。

このことから、試験に挑むということは、自分が理解している
知識を披露するだけにとどまらず、相手が何を考えているかを
理解することが重要になってきます。

社会の中で生活する以上、誰とも関わり合いを持たずに
生きていくことは不可能です。
それは、相手を理解することがどれだけ大事なことかを
示唆していることに他なりません。

税理士科 千葉
別窓 | 税理士科 千葉講師 |
気分と意志
2010-05-27 Thu 18:16

8月の税理士試験に向けて残り2か月ほどとなりました。
学生の皆さんも最後の追い込みに向けて日々勉強に
励んでいることと思います。

目標に向かって努力をしているとき、ふと
「自分は大丈夫なのか、合格できるのか」
という不安な気持ちもよぎることもあるかもしれません。

私も学生時代、そんな気持ちになったことがありますが
そんな時はいつの頃に
見た言葉を教訓にしています。

『悲観主義は気分に属するものであり、楽観主義は意志に属するものである。』
(アラン「幸福論」集英社文庫)

人生には色々な出来事が起こりますが、なんとなく不安に
なってしまうときもあるかと思います。
それはなんとなく「気分」によるものです。

それでも、人間には「意志」の力で今の状況を受け止め、ベストを尽くし
将来に対して希望を持つことができるはずです。

進路に対して不安を持っている高校生のみなさんも「意志」の力で
将来に向けて行動を起こしましょう。


追記
そういえばテレビドラマ「水戸黄門」の主題歌の一節にこんな歌詞が
あったのを思い出しました。

「人生~楽ありゃ苦もあるさ~」

この後の歌詞は・・・みなさんで確認してみて下さい。

長寿ドラマの理由の片鱗を見たような気がします(笑)。

税理士科 千葉
別窓 | 税理士科 千葉講師 |
| 東京CPA会計学院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。