FC2ブログ
簿記・公認会計士の資格を取得して自分の将来を切り開きたい方や、スキルアップを目指す方のお役に立つ情報満載のブログです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ゼネラリストか、それともスペシャリストか
2015-11-20 Fri 20:06
「簿記には
暗記力が問われる問題、計算力が問われる問題、思考力が問われる問題があるが
君はどの問題が得意?」

ある企業の面接試験で学生がこのような質問を受けたそうです。
皆さんなら何と答えますか?

先日、厚生労働省から
2012年3月新卒者の就職後3年以内離職率の数字が発表になりました。
大卒離職率32.3%

96年以降17年間で大卒3年以内離職率が30%を下回ったのは09年卒のみです。
つまり、新卒離職率の高さは今に始まった問題ではありません。
私は、この高さの原因の1つに「スキルに対する意識」の問題があると考えています。

企業の中には、全くスキルを持たない人でも一定の仕事ができるように
「業務の標準化」に取り組んでいる企業があります。
この業務の標準化が進み
入社してすぐに第一線で働くことができる仕事や業界は離職率が高いようです。
(もちろん転職によりキャリアを高めるホテル業界などの例外もあります)

逆に、働く上で特定のスキルが必要とされる職種や
投資により従業員のスキルを高める会社・業界では離職率は低いようです。
なぜなら、特定のスキルを持つ人に辞められてしまうと
代わりの人を見つけるまで時間がかかりますし、投資が回収できなくなるからです。

皆さんは「誰にでもできる仕事」と「特定の人にしかできない仕事」の
どちらにやりがいを感じますか?

最近は幅広い領域で仕事ができるゼネラリストを求める企業が
増えつつあるように感じます。
ゼネラリストを求める理由として、知識や能力の面でゼネラリストは広く浅く
一方でスペシャリストは狭く深くと思われているからです。

しかし、知識や能力を深くするためには深さに比例した幅(広さ)が必要になります。

「真のスペシャリスト」は広く深く。
つまり、専門分野を極め自分の軸をつくった上で
ビジネスに必要な知識・能力を身につけた人です。

仕事や経営は判断の連続です。
判断には確固たる軸が不可欠です。
そして、軸を持つ人は自分の専門外の領域においても根拠のある判断を下します。


ちなみに、冒頭の質問に対して本校の学生は間髪いれずに
「思考力が問われる問題が得意です」と答えたそうです。

「会計」という専門分野を軸として、ビジネスに必要な「考える力」を養った証です。

これが他にはない「CPAの強さ」です。
就職実績・合格実績もこのことを証明しています。

就職相談室 飯塚
スポンサーサイト
別窓 | 就職部 |
| 東京CPA会計学院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。