FC2ブログ
簿記・公認会計士の資格を取得して自分の将来を切り開きたい方や、スキルアップを目指す方のお役に立つ情報満載のブログです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
卒業生インタビュー1(普通科高校出身者編)
2016-03-05 Sat 10:01
こんにちは。就職相談室の飯塚です。
今回は実際に経理実務で携わっている卒業生に話を聞きました。
東京都立小平西高等学校出身でCPAを3年前に卒業した水堀くんです。

mizuhori.jpg


-簿記・会計に興味を持ったきっかけは何ですか
 高校在学時に学校で進路相談会がありました。そのときにCPAの先生の話を聞いたことがきっかけです。そこで「社会で生きていくためには手に職をつけることが大切である」と現実的な話をされ、その言葉に非常に納得できました。「手に職」というと工業系や医療系の技術を最初に思い浮かべますが、正確にいうと専門的スキルのことです。僕は他人とは違うスキルを身につけたいと思い、簿記とは何かを調べてみました。すると、企業の財務状態を適切に把握し未来への意思決定につなげていくために必要な知識だとわかり、簿記を自分のスキルにすることを決めました。
 
-経理として働いてみて、実際に会計のおもしろさや難しさをどのように感じていますか
 税法は社会背景の変化や技術の進歩、経済成長に伴ってさまざまな改正が行なわれます。その改正により、国の社会に対するスタンスをじかに見ることができるのがとてもおもしろいところです。
難しいところはその改正を企業の実態に合わせたときに、どのように会計処理に落とし込むかを考えることです。国税庁のホームページを調べつつ、「会計処理をこうしたらどのような問題点が発生するか」を上司と仮説を立てながら決定していきます。
 
-水堀くんから見てCPAはどんな学校でしたか
 CPAの先生は問題演習の際も、答えを教えてくれることはありませんでした。僕がどのように考えたのかをヒアリングした上で、簡単な考える上でのアドバイスをくださいます。あくまで学生自身が考えて答えまで辿りつくように導いてくれるので、会計・税務の知識以外にも得るものが多い学校でした。
その1つがゴールから逆算して考え行動することです。仕事で決算資料を作成する際に、資料の完成形を最初にイメージします。「完成形までどのようなルートが考えられるのか」「どのルートが近道なのか」と、結論から逆算したり他の方法を検討したりなど、自ら考え実践していく姿勢もCPAで学んだスキルです。

-会社ではどのような業務を担当していますか
 会計システムの管理、勘定科目の管理、事業部への指導を主に担当しています。事業部スタッフの方から、会計処理の方法について質問をいただくことがよくあります。その際に「自分が学生時代にどのように理解していたか」「どのように説明すれば理解してもらえるか」を考えて返答しています。
日頃から社内でいろいろな方によく声をかけていただけるのも、わかりやすい説明を心がけているからだと思います。問題が解決するからこそ、「またわからないことがあったら水堀に聞こう」みたいな良い循環ができているのだと思います。

-特に思い出に残っている仕事はありますか
 ある税務関係の仕事なのですが、半日かがりで手計算で行なっていた業務を改善したことです。上司からの「もっと早く正確に計算できる方法があったらいいね」という一言で、パソコンの素人である僕が勉強しながらマクロを組むことになりました。試行錯誤をしながら、チェック機能をつけたり、エラーが出たときには何が問題なのかがわかるようになどの工夫をしました。結果として、その業務は今では30分で完了できるようになりました。
「業務改善で人件費を減らすことにより、経理職でも利益を出せる!」僕は常にこの想いを胸に業務改善に取り組んでいます。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 就職部 |
| 東京CPA会計学院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。